音楽アーティスト・ミュージシャンのブログ・日記のヘッドラインを一覧できる 「まとめよみアーティスト

スクリーンショット

小川充

小川充オフィシャルブログ http://ameblo.jp/win-dom/ 最終更新:2008-05-02T21:03:51+09:00 「小川充」の ウィキペディア(Wikipedia) ページ 「小川充」の YouTube動画一覧

5月のDJスケジュール(2008-05-02T21:03:51+09:00)

アメブロの『リクエスチョン』に参加することになりました。入り口は右側のフレーム内にありますがマンツーマンで皆さんの質問にお答えするというものです。音楽関係の質問にお答えしますので何か訊きたいことがあれば気軽に尋ねてみてください。さて、ここで5月のDJの告知を。まず、5/9(金)は代官山UNITで松浦俊夫さん主催の『impro』の2回目が開催されます。今回はTWO BANKS OF FOURのライヴがあり僕もDJとして参加します。以前ブログで紹介したように最新作『Junkyard Gods』のライ

クワイエット・ストーム?(2008-04-23T03:26:51+09:00)

(?からの続き)アルバム全体としては80年代のQuincy JonesワークスStevie Wonder、Bill Withers、Grover Washington Jr.などいわゆるブラ・コンを思い浮かべさせると共にToto、Boz Scaggs、Kenny LogginsなどいわゆるAORのテイストも感じさせるもの。黒いんだけど、でも真っ黒ではなく適度に白さもあるソウル・ミュージックと言うか。Heatwaveの「Star Of The Story」もカヴァーしているのですがまさにRod T

クワイエット・ストーム?(2008-04-23T03:08:36+09:00)

仕事柄から国内外問わずいろいろとサンプル盤をいただくことが多く時に聴き切れないくらいの量のものが届くこともあります。もちろんそれらには全て耳を通しできれば繰り返して数回は聴こうと思うのですが残念ながら1回流して聴いてもしくは飛ばし聴きしてお終いということもあります。それくらい、日々、色々な音楽が作られているわけでそれは一生かかっても全て聴くことのできない膨大な量です。そんな中で最近日々聴きたくなる1枚に出会いました。Jimmy Abneyの『Return To Forever』です。発売元はOs

アナログ愛(2008-04-22T23:36:05+09:00)

一つ前のブログでquasimodeのリリパの告知をしましたが今回のゲストDJであるJazzanovaのJurgenも先週既に来日していて今は日本の他の都市をDJで廻っているところでしょう。今回は札幌に初めて行くみたいでとても楽しみにしていました。Jurgenは日本に着いたすぐその足でDMRにも来てくれてレコードを大量に買っていきました。主に日本でしか出ていないリイシュー盤だったのですが日本盤のジャケットの仕上げも含めたクオリティは海外でも本当に評価が高いのです。こうしたものもある種の職人的な技法

quasimode "Straight to the Land of Freedom" リリパ(2008-04-22T23:31:01+09:00)

今週金曜にquasimodeのリリース・パーティーが代官山UNITで開催されます。 昨年のLiquid Roomでのライヴの模様を収めた「Straight to the Land of Freedom」とセカンド・アルバム「The Land of Freedom」がドイツのSonar Kollektivからライセンス発売となりそれぞれのリリースを記念してのパーティーで 僕もDJで参加します。4/25(FRI)quasimode”Straight to the Land of Freedom”&“

tree presents 3rd anniversary(2008-04-05T02:39:55+09:00)

明日(いや、既に今日)は福井の敦賀に行ってきます。毎年必ず行っているのですがtreeです。早いもので3周年ということで今回はそのお祝いパーティーで回します。翌週はGilles松浦さん野崎君が揃うみたいでそんな豪華なパーティー東京でもなかなか見れないのにオーガナイズ大丈夫かな?と他人事ながら心配です(笑)。これもチカシ君の人徳(?)なのでしょうか・・・。◆tree presents 3rd anniversary◆4月で3周年を迎えるtreeが今年もGilles Peterson、松浦俊夫氏DMR

Jose James in WORLDWIDE SHOWCASE 2008(2008-04-05T01:38:27+09:00)

4/3はLiquid Roomで行われたGilles Peterson presentsWORLDWIDE SHOWCASE 2008に行ってきました。出演者は盛り沢山だったのですが僕のお目当てはJose James。今回はJ.A.Mとの共演という形で実現した彼のステージ曲目はJ.A.Mの「Jazzy Joint」「Spirits Up Above」「Moanin'」の3曲だけだったのですがでも、その内容は実に充実していました。Joseの服装はTシャツにスニーカーハンチングというくだけたもの。「

ダウンテンポのススメ(2008-04-01T01:48:28+09:00)

ここ数年のクロスオーヴァー・シーンはハウスやテクノの影響が強くてBPMは大体120〜130というのが多いです。ブロークンビーツにしてもダブステップにしてもそう。確かにこのあたりのBPMは踊るにはちょうどいいところで何しろリスナーのダンスに対するアドレナリンを放出させる効果もあります。ただ、あまりにそうしたBPMのものばかり聴いていると音楽的な部分からは逆に遠ざかってしまうことも事実です。音感が麻痺していくというか・・・。特にハウスやテクノなどの中でもミニマルなタイプの作品に没入していくといわゆる

3/15と3/22の告知 & The Dynamics(2008-03-14T01:27:12+09:00)

今週土曜3/15は久々に広島でDJをしてきます。広島は尾崎浩一君というDJがいて彼がbar edgeというクラブで行うパーティー『Jazz in the world』に出演させてもらいます。尾崎君とはかれこれ10年の付き合いがあり僕の本にもライターとして参加してもらうなどいつもお世話になっています。また、彼はeurasian suite というレーベルを主宰し自身もレコード制作を行うクリエイターでもあります。広島と言えば牡蠣とか広島風お好み焼きなど色々おいしいものがありますので何が食べれるのかも

LATIN DANCE MANIA(2008-03-13T01:44:13+09:00)

昨年から取り掛かっていたラテン本『LATIN DANCE MANIA』が遂に完成です。正式タイトルは『米国ラテン音楽ディスク・ガイド 50's〜80's 』。出版元は色々お世話になっているリットーミュージックで3/28に発売です。 この本の監修は藤田正さん、岡本郁生さんというイラストレーターの河村要助さんが主宰するラテン音楽愛好家集団「マンボラマTokyo」の方たちです。僕もラテン音楽は昔から大好きでDJをする時の一つの核になる部分でもありいつかラテンに関するものも書きたいなと思っていたのですが



まとめよみ (c) 2007-2017 コエカタマリン All right reserved.