音楽アーティスト・ミュージシャンのブログ・日記のヘッドラインを一覧できる 「まとめよみアーティスト

スクリーンショット

沖野修也

https://ameblo.jp/shuya-okino/ 最終更新:2018-05-01T22:26:45+09:00 「沖野修也」の ウィキペディア(Wikipedia) ページ 「沖野修也」の YouTube動画一覧

またも展覧会?(2018-05-01T22:26:45+09:00)

ジェイアール京都伊勢丹での『Black To Kuro〜沖野修也コレクション&クリエーション展』の撤収を昨日ようやく終えました。現在は、京都の藤井大丸でKyotographieに連動した『JAZZY BOOKS』のポップ・アップ・ショップを、銀座のToriba Coffeeで『沖野修也の仕事展(仮)』を開催中ですが、明日、5/3から5/6まではTHE NORTH FACE STANDARD KYOTOで行われる"MUSIC PACKAGE"に参加します。僕のコレクションの中から山と旅をテーマに選

GWの予定(2018-04-24T23:34:40+09:00)

4/10〜5/9-Shuya Okino Works @Torriba Coffee,Tokyo4/14〜5/13-Jazzy Books @Fujiidaimaru,Kyoto4/26-Hajime Yoshizawa Trio Live @CITAN,Tokyo4/27-BEATS & VIBES @ageHa,Tokyo4/28-078 music festival @Meriken Park,Kobe4/29-Sunset Sunday @Kyoto Modern Terrace,Kyo

危機一髪!(2018-04-23T22:22:12+09:00)

どーして僕の人生は、肝心な時に危機が訪れるんでしょうか? 本当に勘弁して欲しいです。 実はThe Room25周年記念特別イベントBEATS & VIBESに急遽出演が決定したNavasha DayaのVISA(労働許可証)がJFKで差し押さえられる事態に・・・。 そもそも彼女、旅に出る(ツアーかな?)とかで4月16日までにVISAをバルティモアの自宅に送って欲しいと言ってたんです。ところが追跡サービスで検索すると13日にNYのJFKに着いたものの、その後何の進展もなく・・・。14日も、15日も

最後の"周年"(2018-04-21T13:24:35+09:00)

今回、The Room25周年記念特別イベントBEATS & VIBESを、何故ageHaでやることにしたんですか?と色んな人に訊かれました。 まずはJ-Waveで9時間の特番を敢行されたスポンサーのKAMARQさんの希望というのがありました。The Roomの"周年"で、DJ達が家具を発表するんだから最大級の会場が相応しいでしょう!と。そして、去年フランスで一緒に仕事をした小張正暁さんがageHaの窓口になって頂いているいうのも非常に大きかったんです。彼の行動力、そして実直な性格には、大い

ELLI ARAKAWA(2018-04-21T13:02:33+09:00)

今回のThe Room 25周年記念特別イベントのブッキングで一番驚かれたのが、ELLI ARAKAWAさん。「ELLI ARAKAWAさんって、エリ・ローズさんですよね?」と。 僕が最初に彼女に会ったのは確か原宿でおこなわれたとあるイベントで、米原康正さんことヨネちゃんの紹介だったんです。とても礼儀正しくて好印象でしたよ。 米原康正さんと言えば、DJ KAWASAKIのデビュー・アルバム、『BEAUTIFUL』に起用した藤井リナさんの撮影を手掛けて頂きました。あのアルバムのスマッシュ・ヒットを

DJ SARASA(2018-04-18T14:23:45+09:00)

DJ SARASAに初めて出会ったのは青山のバー、Valleyでした。僕の友達で、ファビアン・バロンの元でDiorなんかの広告も手掛けていたアートディレクター兼DJのタイラー・アスキュー(僕のアルバムDESTENYも彼のデザイン)が彼女を呼び出して僕に紹介してくれたんです。 既に海外にその名を轟かせる若手女性HIP HOP DJ。 それが僕の第一印象でした。 これまで僕のイベントや彼女のパーティーで何度も共演して来た可愛い妹分。お互いに人脈を共有したり、不定期に会って情報交換しています。 でも

CMYK(2018-04-13T23:58:27+09:00)

話題の新世代クルーCMYK。クラブ的な感覚でいうと3世代位下になるかもしれません。平戸祐介とかソイルとかCro-Magnonとかが1世代下。青山緑君とか田村正樹が2世代下。ここに属する?いや、もっと下?僕の認識間違ってたらゴメンなさい。 彼等、もう息子の年齢ですね。子供いませんけど。 長年ジャズ、クロスオーバー、ハウスは若手が育ってないと言われて来ましたが、そんなことないですよね。ちゃんと芽が育って来てるんじゃないですかね。 僕が初めてThe Roomで行われたCMYKを訪れた時の印象・・・。

CHAMP(2018-04-10T10:40:22+09:00)

僕が教えた訳じゃないけれど、彼等はThe Roomのスピリットを正しく継承している存在だと思います。音源のリリース、コンピの制作、執筆活動、アーティストのプロデュース。国内外のDJやバンドをブッキングし、音楽を愛する同士とパーティーを続けていますからね。 ただ回す。それはそれで崇高な行為だと思っているんです。レコードを掘る。その日かけるレコードを選ぶ。そして、"現場"でインスピレーションと共にグルーヴを繋いで行く。 CHAMPのクルー達は、その純粋で無垢な行為を遂行しているし、その素晴らしさをオ

DJ KAWASAKI(2018-04-07T15:51:48+09:00)

The Room25周年記念特別イベントBEATS & VIBESカウントダウン・ブログ〜その11 元The Roomのスタッフであり、The Roomが輩出したDJ/プロデューサーでもあるDJ KAWASAKI。僕にとっては弟子であり(本人の自称)、弟のようでもあり、息子のような存在。 何度も何度もダメ出しを繰り返し、ライオンが谷底に我が子を叩き落とすようにして完成したデビュー作、Blazin'。あのティミー・レジスフォードが一晩に3回かけたことでDJ KAWASAKIは一夜にしてその名を轟か

DJ JIN(2018-04-06T23:40:08+09:00)

The Room25周年特別イベントBEATS & VIBESカウントダウン・ブログ〜その10 The Roomの物件の契約を迷っていた時、当時青山にあったMIXというクラブで僕が決断したのは知る人ぞ知る逸話です。 平日のMIXに行って、もし人が入っていなければ、自分がやろうとしていることに"芽"はないと思ったからです。MIXはHIP HOP、レゲエ、ファンクを基調にしていた東京の人気クラブのひとつで、僕が顔を出していた頃は、藤井悟さん、荏開津広さん、松岡徹さん、川辺ヒロシさんらが主力として回し



まとめよみ (c) 2007-2018 コエカタマリン All right reserved.